こんにちは、てらだ整骨院です。

 

長年腰痛に悩まされている患者さんのお話を紹介させて頂きます。

 

数年腰痛に悩まされている患者さんで朝、起きるときがどうしても腰が痛いとのことです。

たくさんの病院、治療院を転々としてきたとのことです。

 

しかし、たくさんの治療を受けても朝のベッドの起き上がる時の変化がなかったそうです。

 

ある日を境に朝、ベッドから起き上がるのが辛くなくなりました。

 

 

その方は数日前からダイエットをスタートしたそうです。

するとダイエットから5日後に腰痛を感じずにベッドから起き上がれたとのことです。

 

その方は不思議そうでした。

 

私はその方に普段の朝とダイエットを始めてから朝の行動の違いを比較しました。

 

唯一違ったことは「朝、体重計に乗る」ということでした

 

 

私は朝の腰痛を軽減させたのは「体重計に乗るという行動」だと感じました。

 

 

体重が減っても5日で落ちる体重は数百グラム、せいぜい体の水分が抜けて1キロ程度です。

体が軽くなって腰痛が変化したとは考えにくいです。

 

そもそも「太っている=腰痛」と私は考えていません。

 

 

いろいろお話を進めていくと
「空腹を我慢して次の日に体重が減っているかが楽しみだ」と教えてくれました。

 

ここが、朝の起き抜けの腰痛を改善させたポイントだと思われます。

 

 

おそらく数年間の間、朝起きると腰痛が出ると脳が勝手に記憶していたのでしょう。

おそらく今まで恐る恐る布団から起き上がっていたのかもしれません。

 

しかし、朝体重計に乗るという楽しみができたことで、朝の腰痛が変化したと考えられます。

腰痛よりも体重計に乗るという楽しみが勝ったのでしょう。

 

脳が身体に与える影響はかなり大きいです。

 

 

今回のケースでは、筋肉の固さや骨格の歪みは関係なく、その患者さん自身が新しいことにチャレンジしようとした結果、数年間の朝の腰痛を改善させたのです。

 

朝の小さな楽しみが今までの大きな悩みを変化させた症例でした。

 

では今日はこのへんで・・・

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

首・肩・腰・膝などの各関節痛
寝違い・肩こり・ぎっくり腰・スポーツ障害・交通事故など

お気軽にてらだ整骨院にご相談ください!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〒595-0013
大阪府泉大津市宮町1-10
てらだ整骨院
TEL0725-22-5570

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇