こんにちは、てらだ整骨院です。

今日は先週、初めて来院された腰痛患者さんのお話をします。

 

50代女性の患者さんです。

 

3週間前に荷物を運ぼうとしたときに腰に痛みが走り
その後3週間経過しても依然症状が変わらないとのことで来院されました。

 

数年前から定期的に強い腰痛があるとのことです。

 

症状は腰部の屈曲、伸展、特に中腰と椅子から座る動作と立ち上がる動作がかなりつらいとのことでした。

 

最初の2回の施術はアクティベータメソッドのみの施術

筋肉に対し神経の働きを調整します。

初回の施術では左下肢、骨盤(左腸骨)、腰椎、胸椎は2か所、頸椎、胸椎以外はそれぞれ1か所ずつ調整しました。

 

今日で3回目の施術でした。

立位での腰の曲げ伸ばしはほとんど痛みなくできました。

歩くのもほとんど気にならないとのことです。

 

今日の施術後に立位での動きの確認が終わって一度、説明の為椅子に座って頂きました。

 

その動作を見て1つ気になりました。

 

私は、「今、椅子に座る時痛かったですか?」と質問しました。
患者さん「痛くなかったです。」
「椅子に座る時、痛そうに腰をかばって座っていますよ。」
患者さん「えっ?全然気づかないです。」

 

 

私が気になったのは、
痛みを感じている状態で今回のような腰をかばう座り方をされていれば気になりません。
しかし、
痛みを感じていないにもかかわらず腰をかばいながら座ろうとした動作が気になりました。

 

人は痛みを記憶します。

「こうしたら痛い」

 

「前にこの動作をしたら痛くなった。」

 

必ず脳と身体は覚えています。

 

この脳と身体の記憶が痛くない状態でも腰をかばう動作をさせてしまいます。

 

このかばう動作が日常生活で当たり前になってしまい自分の「クセ」になってしまいます。

 

自分の「無意識に身体をかばうクセ」患部の動きに制限をかけてしまいます。

 

動きに制限がかかった筋肉や関節は伸び縮みしなくなり結果、痛みが誘発されます。

 

なかなか症状が改善しない方もこのような傾向が多くみられます。

 

「以前のようにいきいき動けるようになりたい!」という気持ちと
「無意識に患部をかばう動作」この2つがうまく調和してこないと慢性痛は改善してきません。

 

整骨院に来ると痛くないのに、
「家に帰ると・・・」
「仕事場に行くと・・・」
特定の場所でしか痛みがでない方も少なくありません。

家や仕事場で隠れた痛み習慣が脳と身体に潜んでいるからです。

 

今回の患者さんには立ち上がる時、座る時のイメージやリズムのお話をして
「ご自身の動きを認識しながら少しずつ今までの感覚を変えていきましょう」とお伝えしました。

 

慢性痛でお悩みの方も、もしかすると「無意識のクセ」が痛みを改善する邪魔をしているかもしれません。

 

3週間以上痛みでなかなか変化がなくお困りの方は1度ご相談ください。

微力ながらサポートさせて頂きます。

 

では今日はこのへんで・・・

 

失礼します・・・m(__)m

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
首・肩・腰・膝などの各関節痛
寝違い・肩こり・ぎっくり腰・スポーツ障害・姿勢改善・交通事故など
第1・第3日曜日、祝日も受付・施術しております。
お気軽にてらだ整骨院にご相談ください!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〒595-0013
大阪府泉大津市宮町1-10
てらだ整骨院
TEL0725-22-5570
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇